静岡で緑内障の治療をした結果が

見にくいと感じ眼科に行くと緑内障と診断される

見にくいと感じ眼科に行くと緑内障と診断される : 点眼治療を開始したが進行の可能性があり手術へ : 眼科の定期検診は早期発見につながる

見にくいなと感じることがあり、視力が下がったのかなと思って眼科に行ってみたところ、緑内障の可能性があると言われてびっくりしました。
視力が悪くなっているならコンタクトを変えないとダメだなという程度の、かなり気軽な気持ちで眼科に行ったのでどうしようという気持ちもありましたが、早期発見できたのは良いことだと思うことにしました。
眼圧調査や眼底調査を行い、両眼を診てもらいました。
しばらくは目薬で様子を見ることになり、どうなのかなと思っていましたが目薬は特にしみることもなかったので良かったです。
眼圧を下げる効果のある点眼薬を使い、とりあえず進行を食い止める方法だと言われたので、治療して治るものではないんだなと思いました。

長い付き合いになるものだと言われましたが、しばらくは特に悪化したと感じることもなくて、時々診察を受けに行った時にも変化はないと言われたのでホッとしていました。
副作用の心配も最初はありましたが、特に赤くなったり痒みが発生することもなくて良かったなと思っています。
緑内障だと言われからしばらくは、きちんと目薬をさしていましたが、適当な性格ということもありつい忘れてしまう日も増えていき、眼圧がかなり上がっていると言われた時にはひやっとしました。